FC2ブログ

ゼロエミッションン住宅!!!

木づくり住宅専門家、美・中川工務店です^0^

どうもなっかです。




今回は、

今話題の?

ちまたで噂になっている?

ゼロエミッション住宅について書きます。

定義は。。。

「光熱費ゼロ、二酸化炭素排出量ゼロを目指した住宅」

これがゼロエミッション住宅です。(ゼロエミ住宅)

大手ハウスメーカーではぞくぞくとゼロエミモデルが誕生しています。

弊社でもLIXIL協力の下、ゼロエミ住宅に取り組んでいます。

それは住宅の極みといっていいです。

なにせ、家で生活して、光熱費がかからない、エネルギーは自分でつくる(太陽光など)、二酸化炭素は出ないなど

住む人、地球環境にとってそれほど良い物はないです。

政府は2050年にはゼロエミ住宅普及100%を目指しています。

まだ30年以上もあるじゃないか!何を言ってんの中川さん!!

と思った方々。

いいえ。

そんな時代はあっという間にきます。

今から準備しておかないといけません。

仮に、AさんとBさんがいます。

Aさんは私の言うとおりゼロエミに興味を持ち、環境にも関心があるため、高性能住宅(もちSW)+太陽光パネルを使い、ほぼゼロエミ住宅を新築。

Bさんはそんなまだまだ先、どうなるかわかんないと考え、一般的な従来の住宅を新築。

30年後。

既存の住宅も100%ゼロエミ住宅に。

という通告がなされ、

Aさんは数万の電気家電のみ入れ替えで済む。

Bさんは建物自体がゼロエミに適合しておらず、家電だけでは到底無理なので、家丸ごと建て替え。
何千万という費用がかかってしまう。

どちらが、将来のために良いか。

わかると思います。

ただ私がお伝えしたいのは、ゼロエミ住宅に今すぐしたい!というのはとても良いのですが、

住宅の極みなので、費用も従来のよりはかかってくると思います。

それは、建物も高性能ですし、太陽光パネルをはじめとする設備機器もコストが高いんです。

でしたら、まず、建物の性能を良くしましょう。

というのが、私のお伝えしたい事です。

建物さえ良くしていれば、設備機器はいつでも変えられます。

ただ、家を変えることは大変になるので、外側の「器」を良くして、

30年後のゼロエミ住宅時代に備えましょう!!!!!!!!

今は太陽光パネルも2~3年前よりかだいぶ価格も下がってきています。

ただ普及してくれば補助制度もなくなるわけでして、そのタイミングがなかなか難しいです。

今年も補助金、売電など引き続きあるので

ぜひ御検討してみてはいかがでしょうか?!!^0^





スポンサーサイト

Comment

No title

注文住宅岐阜の凰建設 森幹治です。

ゼロエミ住宅に取り組んでおられる姿勢、素晴らしいですね。社長の言葉には説得力がありますものねすごいです。
弊社も頑張らねば!と意気込みます!
非公開コメント

プロフィール

なかびー

Author:なかびー
ようこそ!!つれづれ日記へ^^

name  : なっか
birthday: s.58.5.2(ベッカムと同じ誕生日)
from  : 山形市高原町
hobby  : スポーツ観戦・スノボ・建物探訪
word : 「出会いに感謝」

現場リポートやイベント、旅日記など多彩なジャンルでUPしますので、楽しんで見ていってください!!!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる